通常検索
詳細検索

地域医療支援サービス

北海道内医療従事者へのサービス

札幌医科大学は、地域医療支援サービスの一環として、北海道内の医療従事者の皆さんに、図書館利用と文献複写サービスを行っています。

 

  • 来館すると、冊子体の資料の他、当センター購読の電子ジャーナルをご利用いただけます。
  • 「利用申請書」による申請を行うと、文献複写サービス(有料)をご利用いただけます。複写文献は勤務先に郵送することができます。(教育機関に所属されている方を除く。)
  • 「利用申請書」は郵送でも受け付けています。遠隔地の方にもご活用いただけます。

 

利用対象者及び利用手続は以下のとおりです。

卒業生・元教職員

 利用手続【卒業生・元教職員】

 

道内医療従事者

医療関係の国家資格またはこれに準ずる資格を有し、かつその資格によって医療機関に従事している現職の方

 利用手続【学外者】

医療機関図書室へのサービス

  • 北海道内の医療機関の図書室は、学外者として登録し、図書館利用及び文献複写サービス(有料)を利用することができます。登録に関しては、個別にお問い合わせください。
  • 北海道外の医療機関の図書室は、以下の対応となっています。あらかじめご確認のうえご依頼ください。

   道外医療機関から札幌医科大学に文献複写を申し込む

北海道地域医療機関電子ジャーナルコンソーシアム

札幌医科大学は、北海道内医療機関への地域医療支援の一環として、平成21年度から「北海道地域医療機関向け電子ジャーナルコンソーシアム」をご提案し、多くの医療機関にご活用いただいています。

 

目的

高まるオンラインサービスへの需要に対応するため、特別価格での共同購入を提案することにより、道内医療機関のオンラインサービス導入を支援し、各医療機関に所属する医療従事者がより容易に必要な情報へアクセスできるようにすることを目的としています。

 

提案及び申込期限

毎年8月~3月

 

詳細

個別に専用URLとパスワードをお送りしています。
送付をご希望の医療機関は当センターまでお問い合わせください。

 

北海道内医療機関発行誌の電子化支援サービス

本学では、申請に応じて、道内医療機関や研究機関の機関誌、紀要、年報等の研究成果を本学リポジトリ「ikor(イコル)」にて公表しています。

研究成果を公表することで、社会への還元となる他、雑誌のインパクトを高めることができます。

ご希望の場合は図書館までお問い合わせください。